三陸鉄道の社長が最後に伝えたかったこと

「震災」「あまちゃん」、激動の6年を経て退任

三陸鉄道の車両と宮古駅

――予算が通っていないのに工事を始めたのですか。

はい。普通は国の予算が通っていないのに起工式を始めたら怒られます。でも、県が国の補正予算の県負担分を9月の補正予算で予算化してくれた。それを口実にしました。起工式に法務省の政務官がやって来ました。「まだ、だめだよ」と言われるかと思いましたが、言われませんでした(笑)。

――行政の人って、フライングとか、手順を踏まないことを嫌がるのでは?

すごく嫌がりますよ。でも、復旧計画では2012年4月に一次復旧するとなっているので、11月21日に予算が通ってから着工したら間に合わない。だから先に準備を進めたのです。何か問題が起きて「責任取れ」と言われたら、責任取ればいいだけの話ですから。命を取られるわけじゃない。そういう開き直りはありました。

――そういう仕事の仕方は県庁でもされていたのですか。

実は結構ありました。タフな仕事をやらされることは多かったです。場慣れしていたということですかね。

――6年の間に仕事が嫌になって、「やってられない」とか「投げ出したい」と思ったことは?

うーん、あったかな。ないな。運行再開も計画どおりにいきましたから。だから「やってられない」と思ったことはないです。それも自分の思惑どおりに進んだからでしょうね。2011年4月の段階で「3年で全線復旧させる」と言ったら、県職員はびっくりしましたよ。県は6年くらいかかると思っていた。でも私が「3年」って言って、実際そのとおりになったでしょ。これは普通の行政の対応で復旧工事をやっているのに比べると、異例の速さです。

沿線市町村の協力で早期復旧が可能に

――3年という数字の根拠は?

被害状況をきちんと把握してそう判断しました。全線の被害状況を調査して、元に戻すだけで80億円、津波対策もすれば110億円。県や市町村が負担できる金額ではないが、国が8割くらい面倒をみてくれればなんとかなるという目算はあった。

真っ先に沿線8市町村長を訪ねて、了解をもらいました。これを最初にやっておかないといけない。地元に「復旧しなくてもいい」と言われたら終わりなので。

ところが、8市町村長全員が「鉄道は必要」と言ってくれたんですよ。次に沿線市町村の連名で県に要望に行ったときも、知事が「全線復旧で行こう」と言ってくれた。国も三次補正で地元負担がゼロという新たな制度を作ってくれた。幸いにも私の思ったとおりになりました。だから、胃が痛くなるようなことにはなりませんでした。強いて言えば、本来であれば三次補正が8月にできると思っていたのですが、2カ月以上ずれこんだことくらい。

次ページ国の反応はどうだった?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT