「トランプ氏殺害、1年にわたって考えていた」

ネバダ州集会で逮捕された19歳が供述

 6月20日、米大統領選で共和党候補指名が確定した実業家のドナルド・トランプ氏(写真)がネバダ州ラスベガスで開催した集会で18日、19歳の男が警察官の銃を奪おうとしたとして逮捕された。同集会で18日撮影(2016年 ロイター/David Becker)

[20日 ロイター] - 米大統領選で共和党候補指名が確定した実業家のドナルド・トランプ氏がネバダ州ラスベガスで開催した集会で18日、19歳の男が警察官の銃を奪おうとしたとして逮捕された。20日に同州の裁判所に提出された文書によると、男はトランプ氏を銃撃しようとしていたと供述した。

ラスベガス警察は、男の身柄はシークレット・サービスに引き渡されたと明らかにした。

文書によると、男はシークレット・サービスの捜査官に対し、トランプ氏を銃撃する目的でカリフォルニア州からラスベガスに向かったと述べた。トランプ氏の殺害を約1年間にわたり考えていたとしている。

また男は英国の運転免許証を所持しており、米国には1年半滞在していると供述。国籍は明らかにされていないが、米国入国後はニュージャージー州ホーボーケンに居住していたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT