「トランプ氏殺害、1年にわたって考えていた」

ネバダ州集会で逮捕された19歳が供述

 6月20日、米大統領選で共和党候補指名が確定した実業家のドナルド・トランプ氏(写真)がネバダ州ラスベガスで開催した集会で18日、19歳の男が警察官の銃を奪おうとしたとして逮捕された。同集会で18日撮影(2016年 ロイター/David Becker)

[20日 ロイター] - 米大統領選で共和党候補指名が確定した実業家のドナルド・トランプ氏がネバダ州ラスベガスで開催した集会で18日、19歳の男が警察官の銃を奪おうとしたとして逮捕された。20日に同州の裁判所に提出された文書によると、男はトランプ氏を銃撃しようとしていたと供述した。

ラスベガス警察は、男の身柄はシークレット・サービスに引き渡されたと明らかにした。

文書によると、男はシークレット・サービスの捜査官に対し、トランプ氏を銃撃する目的でカリフォルニア州からラスベガスに向かったと述べた。トランプ氏の殺害を約1年間にわたり考えていたとしている。

また男は英国の運転免許証を所持しており、米国には1年半滞在していると供述。国籍は明らかにされていないが、米国入国後はニュージャージー州ホーボーケンに居住していたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT