高級化に舵、東急不が住宅ブランド再構築

第1弾は社長や医師が照準

認知度で競合他社に後れを取ってきたブランドイメージを立て直せるか――。

東急不動産は12月20日、自社で展開する分譲住宅ブランド「BRANZ(ブランズ)」のコンセプトを再構築すると発表。新コンセプトの第1号物件となる「ブランズ四番町」(写真、完成予想図)の詳細も併せて公表した。

ブランドへの認知度向上を狙う

来年2013年1月から展開するブランズの新コンセプトは「人生を極める住まい」。

ブランズに住むことで居住者の日常や人生をより高みにいざなう、という意味が込められている。年明け以降、テレビCMなどへの露出を増やすほか、商品企画や販売センターの演出に関する要件の整備、会員組織向けの施策拡充などによって、ブランドに対する認知度やイメージを向上させたい考えだ。

東急不動産は05年まで自社の分譲住宅をアルス、プレステージ、クオリア、シーサイドコートという4ブランドで展開してきた。そこから06年にはアルスをブランズに変更、09年にはブランズのブランドを再構築、10年には4ブランドをブランズに集約するなど、数年おきにテコ入れを実施してきた。

次ページ会社役員、医師などから問い合わせ2500件
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。