高級化に舵、東急不が住宅ブランド再構築

第1弾は社長や医師が照準

認知度で競合他社に後れを取ってきたブランドイメージを立て直せるか――。

東急不動産は12月20日、自社で展開する分譲住宅ブランド「BRANZ(ブランズ)」のコンセプトを再構築すると発表。新コンセプトの第1号物件となる「ブランズ四番町」(写真、完成予想図)の詳細も併せて公表した。

ブランドへの認知度向上を狙う

来年2013年1月から展開するブランズの新コンセプトは「人生を極める住まい」。

ブランズに住むことで居住者の日常や人生をより高みにいざなう、という意味が込められている。年明け以降、テレビCMなどへの露出を増やすほか、商品企画や販売センターの演出に関する要件の整備、会員組織向けの施策拡充などによって、ブランドに対する認知度やイメージを向上させたい考えだ。

東急不動産は05年まで自社の分譲住宅をアルス、プレステージ、クオリア、シーサイドコートという4ブランドで展開してきた。そこから06年にはアルスをブランズに変更、09年にはブランズのブランドを再構築、10年には4ブランドをブランズに集約するなど、数年おきにテコ入れを実施してきた。

次ページ会社役員、医師などから問い合わせ2500件
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。