トランプ対ヒラリー、「嘘つき」のたたき合い

どちらが手のつけられない大嘘つきか?

 6月8日、共に大統領候補指名を確実にした共和党ドナルド・トランプ氏、民主党ヒラリ-・クリントン氏(写真)――2人のうち、どちらがひどい嘘つきか。ウィスコンシン州で3月撮影(2016年 ロイター/Jim Young)

[8日 ロイター] - 共に大統領候補指名を確実にした共和党ドナルド・トランプ氏、民主党ヒラリ-・クリントン氏――2人のうち、どちらがひどい嘘(うそ)つきか。この2人がついた有名な嘘のうち、ホワイトハウスへの障壁になる可能性があるのは、どれだろうか。

いや、恐らくこんなことは問題にはならないだろう。嘘つきであるという批判のせいで、彼らのどちらかが敗北する可能性は低いのである。

今回の選挙戦における「嘘つき」批判は、ハリネズミと狐の逸話に関するアイザイア・バーリン氏による論考を連想させる。クリントン氏は、1つの大きな嘘を批判されるが、トランプ氏は多くの嘘を批判される。

クリントン氏の嘘

クリントン氏の嘘とされるのは、国務長官時代に使っていた私用のメールサーバーに関する疑惑だ。なぜそれを用意したのか、国務省の当局者に対して彼女は隠しごとをしていなかったか、問題のサーバーが発見された後の態度はオープンだったか、何か隠蔽(いんぺい)された可能性があるのか。

一方、トランプ氏の嘘とされるものは、あまりにも多すぎてここでは列挙できないほどだ。米国の「実質的な」失業率は42%ではない、19兆ドルの債務を8年間で解消することなどトランプ氏にはできない、ロシアのプーチン大統領はトランプ氏のことを天才などと言っていない。嘘、嘘、嘘ばかりである。

次ページどちらが手のつけられない大嘘つきか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。