iPhone新機種にインテル製チップ搭載へ

ブルームバーグが関係筋の話として報道

 6月10日、米アップルのiPhone(アイフォーン)の新機種の一部に、クアルコム製に代えてインテル製のモデムチップが搭載される見通しだ。ブルームバーグが関係筋の話として報じた。写真はアップルのロゴ、ロサンゼルスで4月撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[10日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のiPhone(アイフォーン)の新機種の一部に、クアルコム<QCOM.O>製に代えてインテル製のモデムチップが搭載される見通しだ。ブルームバーグが関係筋の話として報じた。

報道によると、インテル製のチップはAT&T<T.N>の米通信網向けのアイフォーンと、海外市場向けの機種に搭載されるという。ただ、中国向けのアイフォーンや、ベライゾン・コミュニケーションズの通信網向けアイフォーンにはクアルコムのチップが搭載される。

クアルコムのモレンコフ最高経営責任者(CEO)は4月、主要顧客が発注先を複数のサプライヤーに切り替えるとの見通しを示していた。

インテルの広報担当者はコメントを控えた。クアルコムとアップルからのコメントは得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT