「パナマ文書」が暴いた巧妙な税逃れの手口

ある米国人は143億円を国外へ飛ばした

クリストファー・ポンソルトはこの件に関するコメントは控え、電話を切る前に「申し訳ないが、協力はできない」と言った。

モサック・フォンセカは別のクライアントのため、プレミアム価格で特別サービスを提供していた。

ニューヨークに住む作家のマリアンナ・オルシェフスキーは、(オフショア金融センターとして知られる)ガーンジー島の香港上海銀行に保有していた100万ドルを、新たな海外口座に移したいと考えた。ポイントは、この取引に関して、彼女の名前が表れないようにしたい、ということだった。

税逃れの手法のリスクは認識

当時モサック・フォンセカのパートナーだったラムセス・オーエンズが解決策を提案した。彼が言うところの「税的に都合のいい」場所で「自然人の名義人」を置き、口座の所有者としてオルシェフスキーの代役とさせるのだ。

オルシェフスキーはこの提案を受け入れた。

元連邦検事のジェフリー・ニーマンによると、口座の本当の所有者を隠すために代理人を使うことは、米国人が好む違法な手法として、今日も残っているものの一つだという。米国が国際銀行に対して口座の所有者を証明するようプレッシャーをかけているため、こうした手法が用いられているという。彼はこのケースには直接コメントできないと断った上で、「法律事務所が進んでこれを行ったため、クライアントにとってこのプロセスが合法的なものとなる」と述べた。

次ページ結局、オルシェフスキーはどうしたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。