「パナマ文書」が暴いた巧妙な税逃れの手口

ある米国人は143億円を国外へ飛ばした

パナマ文書を見る限り、ポンソルトとその子供であるトレイシーとクリストファー以上に、モサック・フォンセカから手厚いサービスを受けていた米国人クライアントはほぼいないようだ。3人はそれぞれに秘密のメールアカウントを提供され、「父」「娘」「息子」というコードネームが付けられていた。

同社の「VIPサービス」には、パナマシティの人気フランス料理店でのランチ予約から、ポンソルトとその妻がパナマのパスポートを取得する際に例外を認めるよう政府に圧力をかけることまでが含まれていた。

80万ドルを「父」から「息子」へ送金

何年にもわたり、ポンソルトの数千万ドルものおカネが、さまざまなペーパーカンパニーに流れ込んだ。たとえば、「バルダノ・インベストメント・グループ」はスイスのベレンベルグ銀行に口座を持っている会社だった。

こうした一連の仕組みの中でも最も重要だったのが「エデンストーン財団」だ。パナマ文書に記されていた秘密のミーティングでモサック・フォンセカは、世界中の銀行口座に置かれたおカネの財団経由での受取人を、ポンソルト一家とした。

初期の依頼の中には、80万ドルを「父」から「息子」に秘密裏に送金する、というものがあった。つまり、モサック・フォンセカがクリストファー・ポンソルトのために設立したまた別のペーパーカンパニーにおカネを移すということだ。その会社の銀行口座は、アンドラとパナマにあった。

弁護士のジャック・ブルームによると、連邦法では、家族間で資金を移動できる非課税限度額は年間1万4000ドルだ。しかし、この「相続前分配」と文書に記されたポンソルト家の送金では、米国で通常課税されるであろう贈与税が支払われた証拠は文書内には見つからなかったという。ブルームは国際的な脱税に詳しく、10年以上にわたり国税庁(IRS)のコンサルタントを務めた人物だ。

次ページある小説家の「税逃れ」術
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。