貧困者を安易にコンテンツ化してはならない

異様な容姿の奥に見え隠れする「本当の彼女」

前回登場した「ホークちゃん」こと瑠衣さんの行方は……

異臭漂う28歳の巨漢ロリータ服の援デリ(組織売春)嬢のホークちゃんこと瑠衣さんは、思ったとおりの問題児であった。初回の取材でも「一品ものの老舗ブランド服」と言っていたロリータ服は明らかに縫製が甘い安物だったし、語る言葉からは深く考えるまでもなくバレバレのウソがいっぱいだ。

追加取材のアポイントを取り付けたが、初回取材の翌週にセッティングした待ち合わせ場所に彼女は訪れず、翌日になって「腰痛で死んでたにゃ」とLINEが1本。さらに翌週のアポイントをするも、その直後にLINEのアカウントも変更されて音信不通になり、紹介元の援デリ業者のところからも「瑠衣は飛んだ(失踪した)」と連絡があった。

こうした取材ではあまりにもアルアルの展開で驚きもしないが、そんなこんなで数カ月後に、唐突に僕の携帯のSMSに「瑠衣ですがちょっと相談があるので会えませんか」と単刀直入な連絡が入った。

ようやくここからが、本当の取材開始だな。そう思った。

フルメイクのロリータ武装とは別人!

この連載の一覧はこちら

今度は待ち合わせ場所に指定した三郷のサイゼリヤに時間どおりにやってきた瑠衣さんだったが、原宿で1回見ただけという理由ではなく、僕は人込みの中から彼女を見分けられなかった。

見事なまでの眉なしノーメイクに、なぜか大きなサングラス。顔はニキビでいっぱい。控えめに見ても4Lサイズのマキシワンピースでふくよかなボディラインを隠し(切れず)、袖だけが派手な水玉模様だが、二の腕パツンパツン。いずれにせよ前回のフルメイクのロリータ武装とは別人だ。

呼び出しの要件はアポイントのやり取りの段階で、初めの「相談がある」から「取材の続きはしないんですか?」に変わっていたが、瑠衣さんの狙いが取材謝礼であることはわかっていた。

サイゼリヤの席に着くなり、封筒に入れた取材謝礼(3万円也)を渡すと、明らかに彼女の安堵が伝わってきた。「ちょっといいですか?」と言って、バタバタと小走りでサイゼリヤを出ていく。何かの支払いに、銀行かコンビニのATMに向かったのだろう。

さらに30分。戻ってくる途中で買ったのであろう何かを口の中でもぐもぐさせながらサイゼリヤに帰ってきた瑠衣さんを前に、本当にようやくのようやくで、取材が始まったのだった。

次ページ彼女が話した内容とは……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。