米原油先物価格、1バレル50~60ドルで推移

米ゴールドマン、2020年までの相場を予測

 5月23日、米ゴールドマン・サックスは、20日付のリポートで、米原油先物価格は、2020年まで平均1バレル50─60ドルで推移するとの見通しを示した。写真はベネズエラ、モリチャルで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[23日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックスGS.N>は、5月20日付のリポートで、米原油先物価格は、2020年まで平均1バレル50─60ドルで推移するとの見通しを示した。シェールガスや石油輸出国機構(OPEC)による高水準の産油が見込まれることを理由としてあげている。

2016年の米原油先物価格は、平均で1バレル=45ドルと予想。従来予想の38ドルから引き上げた。一方、2017年の予想は58ドルから53ドルに引き下げた。

北海ブレントについては、2016年は1バレル=45ドルと、これまでの39ドルから引き上げた。2017年は60ドルから55ドルに引き下げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。