米原油先物価格、1バレル50~60ドルで推移

米ゴールドマン、2020年までの相場を予測

 5月23日、米ゴールドマン・サックスは、20日付のリポートで、米原油先物価格は、2020年まで平均1バレル50─60ドルで推移するとの見通しを示した。写真はベネズエラ、モリチャルで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[23日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックスGS.N>は、5月20日付のリポートで、米原油先物価格は、2020年まで平均1バレル50─60ドルで推移するとの見通しを示した。シェールガスや石油輸出国機構(OPEC)による高水準の産油が見込まれることを理由としてあげている。

2016年の米原油先物価格は、平均で1バレル=45ドルと予想。従来予想の38ドルから引き上げた。一方、2017年の予想は58ドルから53ドルに引き下げた。

北海ブレントについては、2016年は1バレル=45ドルと、これまでの39ドルから引き上げた。2017年は60ドルから55ドルに引き下げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT