したたかトヨタ、“アメとムチ”の富士重「出資」

富士重工への出資比率を引き上げ

したたかトヨタ“アメとムチ”の富士重「出資」

「トヨタグループに一歩踏み込む。新しい関係を築きたい」

4月10日夜に行われたトヨタ自動車・ダイハツ工業・富士重工業3社の緊急会見。富士重の森郁夫社長は、まるで隣にいるトヨタの渡辺捷昭社長に語りかけるかのように、質疑応答で答えた。

新たな提携の骨子は二つある。一つは、トヨタが富士重の株を、現在の8.7%から16.5%にまで高めること。トヨタは2005年10月、当時富士重株を20%所有していた米ゼネラル・モーターズ(GM)から一部取得し、筆頭株主になった。その際に生じた富士重保有の金庫株を、今回311億円で買い取る。

そしてもう一つは08~10年にかけ、富士重がトヨタやその子会社のダイハツから、小型車や軽自動車のOEM供給を受けること。一方で国内販売の約3分の2を占める軽の生産からは最終的に撤退。トヨタ向けにFRスポーツ車を共同開発・生産するという。大手以外は生き残れない現実が浮き彫りになった。

「富士重さんのほうから要請があった」。トヨタの渡辺社長はそう明かす。国内最小メーカーの富士重は、かつて日産自動車やGMなど大株主が頻繁に交代し、つねにM&Aのターゲットだった。乗用車市場でシェア8位、軽でも5位と競争力に劣り、08年3月期も、他社が増益の中、連続減益見込み。燃費規制など膨らむ一方の開発費を、今後も単独で賄うには限界があった。

シビアな損得勘定

そうした状況下で、トヨタと富士重が再接近する素地は徐々に整っていった。05年の初出資後も、07年にトヨタが富士重の米工場へ「カムリ」を生産委託。すでに欧州ではダイハツが富士重に小型車をOEM供給している。これらの提携で一定の効果は上がったが、それを帳消しにする富士重の業績低迷が、両社にさらなる一歩を踏み出させた。

富士重はこれから厳しいハードルを課されることになる。確かに、トヨタによる持ち分法適用は免れて、役員派遣も見送られた。「スバル」ブランドも残った。時価の1割増しで自社株を売れる結果、300億円以上の現金を手にし、40年ぶりとなる国内工場の建設にも充てられる。

しかしトヨタの損得勘定はシビアで、見合った効果は当然要求される。「スバル360」で知られる伝統の軽からの撤退を明かしたが、ほかにも全国46販社を半減、人員を1割減らすなど、相応の痛みも余儀なくされるのだ。

富士重は「水平対向エンジン」など独自技術に強みを持つ。00年にはスズキとの資本提携で互いに株を1%強ずつ持ち合ったが、これで実質的にトヨタグループ入りとなった。ただし「提携が成功しないと(単なるトヨタの)受託生産会社に転落する」(中西孝樹・JPモルガン証券アナリスト)と専門家は手厳しい。

一方、トヨタにすれば、世界中で不足する開発人員や生産設備などのリソースを、外部活用で補えるメリットがある。米国に工場を造れば優に1000億円はかかり、富士重との提携でその膨大な投資が抑制できる。軽主体のダイハツにしても、宿敵スズキへの対抗上、新たな供給先を確保できることになる。

次なる焦点は、トヨタが富士重への出資をさらに引き上げ、経営権まで握るかどうか。「(子会社化など)今後のことは考えていない」とトヨタの渡辺社長は返すが、過去にはダイハツや日野自動車の子会社化に30年以上かけてきた。資本の論理を押し出さず機が熟すまで待つ“熟柿作戦”こそ、トヨタ流の神髄だ。

新興国市場拡大、環境規制強化など状況激変を前に枠組みを見直し始めたトヨタ。今回の提携でしたたかなグループ「囲い込み」が、一層加速することだけは間違いない。

(撮影:松永卓也/アフロ =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。