トランプ氏が本選に向けて態度を180度変更

英キャメロン首相と良好な関係「築ける」

 5月17日、米大統領選で共和党候補指名を確実にした実業者ドナルド・トランプ氏(写真)は、自身が大統領に選出された場合、キャメロン英首相と良好な関係が築けるだろうと述べ、全く逆の見解を示していた前日から態度を一転させた。オレゴン州で6日撮影(2016年 ロイター/Jim Urquhart)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米大統領選で共和党候補指名を確実にした実業者ドナルド・トランプ氏は17日、自身が大統領に選出された場合、キャメロン英首相と良好な関係が築けるだろうと述べ、全く逆の見解を示していた前日から態度を一転させた。

同氏は前日、英ITVのインタビューで「非常に良い関係は築けないようだ。彼(キャメロン首相)との関係が良好になることを望むが、彼は問題に対処しないつもりのようだ」と述べていた。

キャメロン首相は昨年、トランプ氏が一時的なイスラム教徒の米入国禁止を呼び掛けたことについて「不和を生み、愚かで、間違っている」と批判。トランプ氏が英国を訪問すれば、全国民が団結して抗議するだろうと当時述べていた。

トランプ氏は17日のロイターとのインタビューで「彼は多くの問題を抱えており、不適切だったと思う。彼と良好な関係が築けると確信している」と語った。

どの国の首脳と最初に会談したいかとの質問には「タイミングに関する希望は特にないが、彼らに会い、今よりも良好な関係を諸外国と築く。今は良い関係が築けていない」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT