ニトリ、紀伊国屋書店・新宿南店跡地に熱視線

大家の高島屋と賃料を巡り、ギリギリの交渉

ところが、今回の交渉で最大の難点となっているのは、都心の一等地ゆえに高いその賃料だ。現に紀伊国屋が撤退した最大の理由が、「家賃の交渉が成立しなかったから」(紀伊国屋)なのである。

高島屋もニトリを迎え、中間層の百貨店離れを防ごうと必死。新宿ではバスターミナル「バスタ」の新設も追い風だ

1996年当時、延べ床面積4000平方メートルで都内最大級の書店として、タイムズスクエアに入居した紀伊国屋。その頃、同社で絶対的な権力を持っていた、松原治社長(当時)の決断だった。

ただ当初の家賃は月額にして8000万円。一棟借りだったため、エレベーターや避難階段なども賃料対象となったばかりか、公共料金も重くのしかかり、年間10億円以上の支払いがあった。

黒字だったのはたった1期だけ

それでも出店当時は、本が最も売れた時代。単店売上高が80億円程度あったため、店舗部門は黒字だった。とはいえ、黒字だったのはたった1期だけで、以降は毎年巨額の赤字を計上。2009年には、賃料で年間1億円以上の値引きに成功したものの、それでも売上高が30億円にまで縮小した現在の厳しさは、言わずもがなだ。「経営上、致命的な出店だった。だが、契約書には『途中解約できない』とあり、20年間契約満了の2016年を待つしか無かった」(紀伊国屋元幹部)。

ニトリの入居が実現した場合、紀伊国屋が撤退した1階から5階のうち、全フロアに入るのか、それとも一部なのかは今のところ不明だ。また、ニトリ以外のからのオファーもある模様。今のところ、ニトリ側は「仮に、紀伊国屋と同じ家賃だとしたら、入らない」(関係者)と明かしており、入居条件の落としどころを探しているのかもしれない。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。