ニトリ、紀伊国屋書店・新宿南店跡地に熱視線

大家の高島屋と賃料を巡り、ギリギリの交渉

ところが、今回の交渉で最大の難点となっているのは、都心の一等地ゆえに高いその賃料だ。現に紀伊国屋が撤退した最大の理由が、「家賃の交渉が成立しなかったから」(紀伊国屋)なのである。

高島屋もニトリを迎え、中間層の百貨店離れを防ごうと必死。新宿ではバスターミナル「バスタ」の新設も追い風だ

1996年当時、延べ床面積4000平方メートルで都内最大級の書店として、タイムズスクエアに入居した紀伊国屋。その頃、同社で絶対的な権力を持っていた、松原治社長(当時)の決断だった。

ただ当初の家賃は月額にして8000万円。一棟借りだったため、エレベーターや避難階段なども賃料対象となったばかりか、公共料金も重くのしかかり、年間10億円以上の支払いがあった。

黒字だったのはたった1期だけ

それでも出店当時は、本が最も売れた時代。単店売上高が80億円程度あったため、店舗部門は黒字だった。とはいえ、黒字だったのはたった1期だけで、以降は毎年巨額の赤字を計上。2009年には、賃料で年間1億円以上の値引きに成功したものの、それでも売上高が30億円にまで縮小した現在の厳しさは、言わずもがなだ。「経営上、致命的な出店だった。だが、契約書には『途中解約できない』とあり、20年間契約満了の2016年を待つしか無かった」(紀伊国屋元幹部)。

ニトリの入居が実現した場合、紀伊国屋が撤退した1階から5階のうち、全フロアに入るのか、それとも一部なのかは今のところ不明だ。また、ニトリ以外のからのオファーもある模様。今のところ、ニトリ側は「仮に、紀伊国屋と同じ家賃だとしたら、入らない」(関係者)と明かしており、入居条件の落としどころを探しているのかもしれない。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT