トランプ氏、女性に対して問題行動の遍歴

交流のあった女性50人以上にインタビュー

 5月14日、ニューヨーク・タイムズ紙は、米大統領選で共和党の指名獲得を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏について、過去に女性を不快にさせるような行動パターンがしばしば見られると報じた。写真はカリフォルニア州で4月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[14日 ロイター] - 14日付のニューヨーク・タイムズ紙は、米大統領選で共和党の指名獲得を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏について、過去に女性を不快にさせるような行動パターンがしばしば見られると報じた。同氏の下で働いた経験のある女性や社会的に交流のあった女性50人以上のインタビューに基づいているという。

インタビューに応じた女性からは、トランプ氏が女性を性的な対象としてみているような発言をしたり、あるいは女性の体形についてコメントした、といったエピソードが寄せられた。一方で、キャリアを磨くよう奨励したり、女性をあまり受け入れないようなポジションに昇進させてくれたと評価する女性もいたという。

ニューヨーク・マンハッタンでトランプ氏の事業拠点となっている建物の建設に携わったバーバラ・レス氏は、トランプ氏は女性の体形に関する発言でしばしば会議を中断させたと証言。その一方で、プロとして働く機会を与えられたことを感謝しているとも語っている。

トランプ氏自身はこうした証言について、事実を否定するか、あるいは詳細が間違っているとし、「私はいつも女性に大いなる敬意を払ってきた」と反論している。

トランプ陣営の代表者はロイターの問い合わせに回答していない。

トランプ氏は選挙戦の間、ニュースキャスターやライバル候補の女性に対する暴言などで批判されながらも、自身が大統領になれば女性は恩恵を受けるということはビジネスの実績が証明していると主張している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT