三菱自動車、「日産傘下入り」の悲しき宿命

不正がなくても単独生き残りは無理だった

――燃費偽装が行われた「デイズ」と「デイズルークス」は日産と三菱自動車が共同開発した製品だ。今回の提携は日産も責任の一端を負うとの意味合いがあるのか。

益子:今回の不正については三菱自に責任がある。日産に責任はない。

――三菱自動車のディーラーは厳しい状況にある。今後、日産のディーラーに切り替えていくことはあるのか。

益子:三菱自動車のディーラーについては三菱自動車が責任を持つ。現預金は4500億円あり、資金面に関しては当面懸念していない。

ゴーン:日産はあくまで株主として三菱自動車を支援する。三菱自動車の経営責任は自社で負うべきだ。

――今後のスケジュールはどうなっているのか。

益子:独占禁止法の審査などをクリアしたうえで、年内までにすべての手続きが完了する見込みだ。

ゴーン:すべての可能性を細かく見たわけではないが、三菱自動車には潜在力があり、投資額に見合う効果を上げることについては楽観的だデューディリジェンスの前に大きなアクションを起こすことはないが準備は進めていく。

(撮影:今 祥雄)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT