チェルノブイリ原発事故から30年の節目

キエフなどで追悼行事

 4月26日、チェルノブイリ原子力発電所事故から30年を迎え、追悼行事が行われた。写真はウクライナのスラブチチで撮影(2016年 ロイター/Gleb Garanich)

[キエフ 26日 ロイター] - 放射性物質が広範な地域に飛散し、甚大な被害をもたらした旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所事故から26日で30年を迎え、ウクライナの首都キエフの教会では犠牲者の追悼式が行われた。

追悼式には遺族らが参列した。同原発に勤務していたという女性は「あの事故がわたしたちの人生を変えてしまうとは思いもしなかった」と述べた。

また、チェルノブイリから約50キロ離れたスラブチチ市でも追悼行事が行われ、市民らが犠牲者の遺影に献花した。同市は事故で避難を余儀なくされた住民のために建設された。

チェルノブイリ原発事故では、1986年4月26日、同原発で試験運転が失敗し、放射性物質が飛散して汚染が広がった。事故直後には原発の職員や消防士ら31人が死亡した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。