チェルノブイリ原発事故から30年の節目

キエフなどで追悼行事

 4月26日、チェルノブイリ原子力発電所事故から30年を迎え、追悼行事が行われた。写真はウクライナのスラブチチで撮影(2016年 ロイター/Gleb Garanich)

[キエフ 26日 ロイター] - 放射性物質が広範な地域に飛散し、甚大な被害をもたらした旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所事故から26日で30年を迎え、ウクライナの首都キエフの教会では犠牲者の追悼式が行われた。

追悼式には遺族らが参列した。同原発に勤務していたという女性は「あの事故がわたしたちの人生を変えてしまうとは思いもしなかった」と述べた。

また、チェルノブイリから約50キロ離れたスラブチチ市でも追悼行事が行われ、市民らが犠牲者の遺影に献花した。同市は事故で避難を余儀なくされた住民のために建設された。

チェルノブイリ原発事故では、1986年4月26日、同原発で試験運転が失敗し、放射性物質が飛散して汚染が広がった。事故直後には原発の職員や消防士ら31人が死亡した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT