野村HDに見えてきた最悪局面打開の道筋

野村HDに見えてきた最悪局面打開の道筋

野村証券を中核とする野村ホールディングス(HD)の業績が、最悪期を脱しつつある。

野村HD(米国会計基準)が10月29日に発表した第2四半期累計(2012年4~9月)決算は、営業収益が7709億円と前年同期比22%増えた。前年同期に大幅赤字だった税前利益は551億円と黒字化を達成し、当期純利益も47億円の黒字に回復した。

税前利益に比べて、当期純利益が大きく下回ったのは、海外部門の赤字基調のなかで実質的に課税率が高くなっているためだ。

特筆できるのは、第1四半期(12年4~6月期)には86億円の税前損失だったホールセール部門が第2四半期(同7~9月期)は2億円と、わずかながら黒字に回復したことだ。同グループは現在、グローバルベースで10億ドルのコスト削減に挑んでおり、9月末時点において、その27%のリストラ、コスト削減を実施した。これを受けて、リストラの一時的費用がホールセール部門には60億円規模で発生したが、それを穴埋めして黒字化したことになる。

一方、収益上の主柱である国内営業部門は営業収益が前年同期比4%減の808億円、税前利益は2%増の110億円にとどまった。厳しい営業環境の結果と言えばそれまでだが、むしろ、この状況には安心感がある。「海外部門が厳しい中で、国内営業部門に収益上のバイアスが過剰に加わる」という、野村グループを巡って懸念されてきたリーガルリスク・シナリオを想起させないからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT