野村HDに見えてきた最悪局面打開の道筋

野村HDに見えてきた最悪局面打開の道筋

野村証券を中核とする野村ホールディングス(HD)の業績が、最悪期を脱しつつある。

野村HD(米国会計基準)が10月29日に発表した第2四半期累計(2012年4~9月)決算は、営業収益が7709億円と前年同期比22%増えた。前年同期に大幅赤字だった税前利益は551億円と黒字化を達成し、当期純利益も47億円の黒字に回復した。

税前利益に比べて、当期純利益が大きく下回ったのは、海外部門の赤字基調のなかで実質的に課税率が高くなっているためだ。

特筆できるのは、第1四半期(12年4~6月期)には86億円の税前損失だったホールセール部門が第2四半期(同7~9月期)は2億円と、わずかながら黒字に回復したことだ。同グループは現在、グローバルベースで10億ドルのコスト削減に挑んでおり、9月末時点において、その27%のリストラ、コスト削減を実施した。これを受けて、リストラの一時的費用がホールセール部門には60億円規模で発生したが、それを穴埋めして黒字化したことになる。

一方、収益上の主柱である国内営業部門は営業収益が前年同期比4%減の808億円、税前利益は2%増の110億円にとどまった。厳しい営業環境の結果と言えばそれまでだが、むしろ、この状況には安心感がある。「海外部門が厳しい中で、国内営業部門に収益上のバイアスが過剰に加わる」という、野村グループを巡って懸念されてきたリーガルリスク・シナリオを想起させないからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。