反共に代わる旗がまだ見つかっていない

加藤紘一 自民党衆議院議員

わたしの『自民党論』 反共に代わる旗がまだ見つかっていない--加藤紘一 自民党衆議院議員

--自民党の党改革はどこまで進んだのでしょうか。

自民党は政権構想会議で新たな綱領を出し、政策の基本を打ち出した。その基本は、何でも政治がやってあげるという「公助」ばかり大きくするのでなく、「自助」「共助」「公助」のバランスをとることだ。政権運営には公募も取り入れる。日々の活動では、国民と党員との密接な関係を築く。そういう地道な活動を自民党は3年間やってきた。

ただし自民党というのは、1955年に左右の社会党が一体化したことに危機感を持ち、「この国を社会主義にしない」という党是の下、民主・自由党が一緒になってできた反共政党だ。その目標は91年のソ連崩壊で達成された。その後、反共に代わる党是が見いだせず、現在でも新しい旗の下に大きく変わったとはいえない。民主党の政権運営への批判が、自民党への期待になっている。

──自民党政権時に推進した政治改革をどう評価していますか。

政治改革は、政治におカネをかけない、政策中心で政治をやる、政権交代がある、この三つを掲げ、選挙制度改革で小選挙区制を導入した。

ただし、小選挙区になったからといって、おカネがかからなくなったわけではない。また政策中心の2大政党といっても、自民党、民主党の政策を見ると似たようなもので、政策対決にはなっていない。

そうした状況は候補者になるとよくわかる。小選挙区制では候補者による1対1の対決で、51%の票を取らなければいけない。しかし、実際には51%では不安定だから、60%くらいの支持を集める選挙運動をする。世の中の60%の人が賛成する政策となると、皆似たようなことを言い出す。いわば品ぞろえの陳腐な総合デパートみたいなものだ。すると有権者は、ブティックみたいな個性の強い品物を求め、シングルイシューに行き着く。しかし本来、奇抜な政策というのは成立しない。

これからの日本は2大政策、2大政党群を目指すべきだ。中核になる保守政党Aと保守政党Bがあり、その周辺に中小政党が複数存在する。米国重視の中核政党Aの立場が弱まったら、アジアとの関係が強い中小政党Cと連携する。また環境汚染がひどくなれば、環境政党Dと連携する。そうやって少しずつ方向を変えていけばいい。

──議員連盟では中選挙区制の復活を訴えています。

中小政党は小選挙区制の下では生き残れない。そのためにも中選挙区制を復活させる必要がある。

(撮影:尾形文繁 週刊東洋経済2012年10月20日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


かとう・こういち
1939年生まれ。東大卒後、外務省入省。1972年衆院選初当選。内閣官房長官、自民党幹事長などを歴任。「衆議院選挙制度の抜本改革をめざす議員連盟」代表世話人。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT