高級路線でコンパクト勝利狙う富士フイルム

「XF1」は11月3日発売で、販売価格は5万5000円程度を想定。「X−E1」は11月17日発売。販売価格は本体9万円前後、ズームキットで13万円前後を想定している。いずれも富士フイルムが2010年より展開するデジカメの高級モデル「Xシリーズ」の新モデルとなる。

また、今回の新製品発表にあわせてミラーレスに対応する交換レンズ2製品も発表。来年までにパンケーキタイプや望遠ズーム、超広角ズームなど新製品5モデルを追加発表し、計10本のラインナップをそろえる。

「高機能の本格的なカメラのニーズが高まっている。ディスプレイが高精細化している中、より高画質が求められる」。単なるコンパクトでは生き残れない。古森会長・CEOの言葉はそれを示している。

(島 大輔 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。