熊本地震の死者は9人、重傷者は53人に

約4万4000人が避難

 4月15日、菅義偉官房長官は閣議後の会見で、14日夜に熊本県で発生した震度7の地震による被害について、死者が9人、重傷者が53人となっていることを明らかにした。避難している人は35市町村で4万4000人にのぼるという。写真は都内で昨年2月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 15日 ロイター] - 菅義偉官房長官は15日の閣議後の会見で、14日夜に熊本県で発生した震度7の地震による被害について、死者が9人、重傷者が53人となっていることを明らかにした。避難している人は35市町村で4万4000人にのぼるという。

菅官房長官は現在、被害の大きかった益城町で救助要請を行っていない被災者がいないか、警察、消防、自衛隊が手分けして確認作業を行っていることも明らかにした。

一方、北朝鮮が中距離ミサイルの発射に失敗したと一部のメディアで報じられていることについては「北朝鮮のミサイルに関する動向は常に最大の関心をもって情報収集、分析を行っている。個々の具体的な内容についてコメントを控える」としたうえで、「日本に飛来するミサイルは確認されておらず、安全保障に直接の影響を与える事態が発生したという認識はもっていない」と述べた。

(石田仁志)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。