NTTドコモが2年縛りなしの料金プランを導入

長期割引サービスも拡充

 4月14日、NTTドコモは、契約更新期間以外に解約しても解約金がかからないプランを導入すると発表した。さらに長期利用者向けの割引サービスも拡充する。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>は14日、契約更新期間以外に解約しても解約金がかからないプランを導入すると発表した。さらに長期利用者向けの割引サービスも拡充する。解約がしにくかったり、頻繁に携帯電話会社を乗り換えるユーザーに比べて長期利用者が不公平といった批判に対応する。

いずれも6月1日から提供を始める。

従来の契約はいわゆる「2年縛り」と呼ばれ、2年ごとに自動更新される上、更新期間以外に解約すると9500円の解約金がかかるため、契約者が解約しにくい仕組みとして問題となっていた。

これに対して、新たに導入する「フリーコース」は、3年目以降も月額基本料は変わらない上、いつ解約しても解約金がかからないため、契約者は他社に乗り換えやすくなるというメリットがある。ただし制約もあり、長期割引サービス「ずっとドコモ割」は適用されない。

一方、「ずっとドコモ割コース」は従来通り、更新期間以外に解約すると解約金がかかるが、ずっとドコモ割が適用されるほか、2年ごとに買い物などで利用できる「dポイント」が3000ポイント付与される。

「ずっとドコモ割」自体も拡充する。これまで割引が適用されるのは継続利用が5年以上の契約者だったが、これを4年以上に前倒しするとともに、適用プランも拡大、最大の割引額も月額2000円から2500円に引き上げる。

2年縛りをめぐっては、ソフトバンクとKDDI(au)<9433.T>も先に改善策を発表しているが、ドコモと違い、解約金がかからない新プランは月額300円を上乗せしたため、新プランで解約するメリットのある期間は数カ月間に限られ、一部で批判も出ている。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT