「ロールスロイス」のオープンに乗ってみた

4人乗り「ドーン」で味わう最高の贅沢

世の中で最も贅沢なオープンカー、ロールスロイス「ドーン」を試乗した印象とは?

世の中で最も贅沢なオープンカー

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

世の中で最も贅沢なオープンカーのひとつといえるのが、ロールスロイスの新型車「ドーン」だろう。日本発売に先駆けて、南アフリカでの試乗会で乗った印象は二重マルだ。

「スタイリッシュで現代的な最高級の4シーターコンバーチブル」。ロールスロイスは、さきごろ発売したドーンをこう定義している。なにしろ6.6リッターV12エンジンを搭載し、4人のおとなが快適に乗っていられるスペースと、驚くほどの加速性能を有している。

後席スペースは大型セダンなみのレッグルーム

もうひとつの特徴は、徹底してぜいたくさにこだわっているところ。オープンモデルでありながら幌の作りには徹底的に手をかけ、乗るとファブリック製の幌のクルマとは思えない静粛性に驚く。同時に幌は静かに開閉し、時速50キロまでなら走行中の操作も可能なのだ。

静かな幌の開閉ゆえ「サイレント・バレー」とロールスロイスは呼ぶ

試乗場所のケープタウンは、アフリカのほぼ下端。喜望峰も近くにある。ワイナリーが点在し、富裕層向けのワインツーリズム(ワイナリーめぐり)でも人気上昇中だ。

その雰囲気もドーンでのドライブに合っていたし、道じたいが変化に富んでいてすばらしいのだ。山岳地帯のワインディングロードは美しい景色とともに、適度な大きなカーブが連続する。ドーンは速度を出して走ると、予想以上に楽しめるクルマだ。カーブをひらりひらりとこなしていく。

次ページ大トルクのため、ダッシュ力は見事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT