「ロールスロイス」のオープンに乗ってみた

4人乗り「ドーン」で味わう最高の贅沢

世の中で最も贅沢なオープンカー、ロールスロイス「ドーン」を試乗した印象とは?

世の中で最も贅沢なオープンカー

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

世の中で最も贅沢なオープンカーのひとつといえるのが、ロールスロイスの新型車「ドーン」だろう。日本発売に先駆けて、南アフリカでの試乗会で乗った印象は二重マルだ。

「スタイリッシュで現代的な最高級の4シーターコンバーチブル」。ロールスロイスは、さきごろ発売したドーンをこう定義している。なにしろ6.6リッターV12エンジンを搭載し、4人のおとなが快適に乗っていられるスペースと、驚くほどの加速性能を有している。

後席スペースは大型セダンなみのレッグルーム

もうひとつの特徴は、徹底してぜいたくさにこだわっているところ。オープンモデルでありながら幌の作りには徹底的に手をかけ、乗るとファブリック製の幌のクルマとは思えない静粛性に驚く。同時に幌は静かに開閉し、時速50キロまでなら走行中の操作も可能なのだ。

静かな幌の開閉ゆえ「サイレント・バレー」とロールスロイスは呼ぶ

試乗場所のケープタウンは、アフリカのほぼ下端。喜望峰も近くにある。ワイナリーが点在し、富裕層向けのワインツーリズム(ワイナリーめぐり)でも人気上昇中だ。

その雰囲気もドーンでのドライブに合っていたし、道じたいが変化に富んでいてすばらしいのだ。山岳地帯のワインディングロードは美しい景色とともに、適度な大きなカーブが連続する。ドーンは速度を出して走ると、予想以上に楽しめるクルマだ。カーブをひらりひらりとこなしていく。

次ページ大トルクのため、ダッシュ力は見事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT