トランプを支える隠れたアドバイザーの正体

ジャレッド・クシュナー氏とは何者か

 4月4日、トランプ氏(左)の娘のイバンカさん(右から2番目)の夫ジャレッド・クシュナー氏(右)は、同氏の数少ないアドバイザーとして台頭している。米アイオワ州で2月撮影(2016年 ロイター/Rick Wilking)

[ニューヨーク 4日 ロイター] - ワシントンの法律事務所ジョーンズ・デイのオフィスで、不動産王ドナルド・トランプ氏を十数人の共和党議員に紹介しようとしたジェフ・セッションズ米上院議員は、1人の男性の存在に気が付いた。その男性はこの密室会談を以前から進めていたという。

男性は35歳の不動産投資家で新聞社オーナーでもあるジャレッド・クシュナー氏。トランプ氏がさらに多くの議員を味方にできると主張し、先月開催されたその会合を持ちかけた張本人だと当時の参加者の1人が明かした。

クシュナー氏はトランプ氏の義理の息子

クシュナー氏はトランプ氏の義理の息子でもある。トランプ氏の娘のイバンカさんと2009年に結婚した。

トランプ氏の5人の側近によれば、義理の父親同様、不動産王でもあるクシュナー氏は、トランプ氏が11月8日の米大統領選に向け共和党候補指名の獲得を目指すなかで、同氏の数少ないアドバイザーとして台頭している。

これは極めて珍しいことだ。というのも、自分のベストアドバイザーは自分自身だと称するトランプ氏は、相談する相手は極めて少数だと語っていたからだ。その一方で同氏は、大統領に当選したら、最高の人材を雇うとの公約を表明している。

トランプ氏の広報担当を務めるホープ・ヒックス氏は、クシュナー氏が「とても尊敬されている」ものの、選挙運動での公式な肩書きを持っていないことを明かした。また、クシュナー氏がセッションズ上院議員との会合を助けたり、イスラエルをはじめとする諸問題について、トランプ氏に対し非公式に助言を与えてきたりしたことを認めた。

次ページ冷静さと人の話を聞く能力
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。