ユニクロの「EC強化」がもたらす意外な波紋

その売り上げは一体どこで上がったものか

今回、ユニクロがテナントオーナーにお願いとしたセミオーダージャケットの店舗売り上げのとらえ方は、文書に明記こそしていないものの、「顧客がみずからの意思で店頭レジではなく、クレジットカードや代金引換、ユニクロオンラインギフトカードでの決済を選んだ場合には店舗の売上高としてはオーナーには報告しません」と暗に意味していると解釈できます。

さらに同文書には、今後は今回と同様の運用で商品種類を拡大する可能性があることや、今回の取り組みによる売り上げの推移を一定期間見たうえで、あらためて売り上げに対する賃料条件の取り扱いを協議したいなどということも書かれています。

異業種との連携によって着々と準備

これはユニクロを店子に持つオーナーにとって小さくない意味を持ちます。ポイントはユニクロが今後、本気でEC経由の売り上げを拡大しようと動いていることです。

グループ売上高のうち、ECの構成比を「将来的には30~50%まで拡大していきたい」と明言した、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(撮影:吉野 純治)

話は約半年前にさかのぼります。2015年10月8日に開いた前年度(2015年8月期)の決算説明会でファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、前年度のグループ売上高(約1兆6800億円)の5%程度を占めるECの構成比を、「将来的には30~50%まで拡大していきたい」と明言しました。柳井会長兼社長はこのとき、「早ければ3~5年ぐらいで実現したい」という趣旨の発言をしたと複数のメディアが伝えています。

そのための準備は異業種との連携によって着々と整えてきています。肝になるのはITと物流。ITの分野ではデジタル分野で世界最大級のコンサルであるアクセンチュアとタッグを組んで、企画・生産・販売・物流が同時に稼働する新しいシステムを立ち上げるとともに、IT人材の採用・育成を強化。物流については大和ハウス工業と一緒に次世代物流の仕組みを国内数カ所で構築しています。

新しい物流の仕組みが動き出すのは早ければ今月。第1弾として東京・有明で建設が進んできた専用物流拠点が稼働する見込みです。特に東京都内のEC利用者へは即日配送が可能となる見込みで、配送時間を短くしてコスト削減にもつなげるとともに、都内近郊の店舗に対しては販売状況に応じて必要な商品が適宜届けられるような体制の構築を目指しています。

また、ECに関連してユニクロはユニクロオンラインストアで購入したユニクロ商品を、セブン-イレブンの店舗で24時間受け取れるサービスを、まずは1都3県(東京、神奈川県、千葉県、埼玉県)で4月19日から開始して、順次全国に広げるという計画も進めています。

次ページテナントオーナーへの影響は避けられない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT