飛び交うキンドル日本上陸観測、“9月末説”の現実味


 
 そのため、こうした出版社に配慮して、「アマゾンが本格的に電子書籍配信サービスを開始するのは、10月以降になる」(別の関係者)との見方も存在する。

漫画を中心に7万点のコンテンツをそろえる、電子書店国内最大手「eBookJapan」を運営するイーブックイニシアティブジャパンの小出斉社長も、アマゾンの思惑どおりには進まないと予測する。

「日本でもこれまで、ソニー、シャープなど大企業が頑張ってきても、なかなかコンテンツがそろわなかった。それなのに、キンドルがすぐに状況を覆せるとは思えない。また、アマゾンはアメリカで出版社と険悪なムードになっており、出版社を中抜きして、人気著者と直接取引を始めていることに対し危機感を持つ日本の出版社は多い」(小出社長)という。


6月に突如登場した日本版の発売告知サイト、販売開始のメールはまだない

こうした見方がわき起こる背景には、9月6日にアマゾンがアメリカで行った記者発表会で、日本に対する話題が1つもなかったことがある。

1時間10分強のプレゼンテーションで、アマゾンのジェフ・ベゾスCEO(タイトル横写真)は、キンドルに関する新機種の概要や旧型機種の改良、値下げについて時間を割いた。

アメリカでは、キンドルはタブレット市場でアップルの「iPad(アイパッド)」の後塵を拝しており、アマゾンにとって対アイパッド戦略が目下最大の課題であるためだが、日本の出版業界からは、「(キンドル日本上陸に関し)何らかの発表があると期待していたので拍子抜けしてしまった」との声も漏れてくる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。