下水汚泥から水素を取り出す--燃料電池社会に向けた実験が始動

下水汚泥から水素を取り出す--燃料電池社会に向けた実験が始動

水素から電気エネルギーを取り出す燃料電池。発電しても有害な排気ガスを出さず、水しか発生しないエコエネルギーとして、自動車向けや家庭用電源などに応用が期待されている。

ただ、これまで燃料電池の動力源となる水素は、化石燃料から製造するのが一般的。結局は環境への負荷が生じていたことになる。だが、燃料電池を究極のクリーンエネルギーにする手は残されていた。 

ジャパンブルーエナジー(本社・東京都千代田区)、大和リース、豊田通商、三井化学の4社は9月10日、下水汚泥から水素ガスを製造する実証実験に着手したと発表した。2012年度中に事業化のメドをつけ、来年度にもプラントの建設に入る。現在は大半が焼却処分されている下水汚泥から安定的に水素を作り出し、燃料電池車(FCV)向けの水素ステーションなどに供給できれば、地産地消型でエネルギーが循環する都市を構築することも可能となる。

4社は共同でHIT事業研究会(HITは水素革命都市のHydrogen Innovation Townを意味する)を発足した。同研究会は、ジャパンブルーエナジーが、島根県出雲市に所有するバイオマスガス化プラント「BLUEタワー」(=下写真は全景=)で、下水汚泥を原料としてバイオ水素を製造する実証試験に着手した。大和ハウス工業、トヨタ自動車がオブザーバーとして同研究会に参加している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT