三井化学が中国・上海で自動車や食品向けのコンパウンド工場を建設へ

三井化学が中国・上海で自動車や食品向けのコンパウンド工場を建設へ

三井化学は9月6日、自動車の窓枠や内装材、燃料タンクや食品包装などの用途に使われる、機能性コンパウンドの新工場を中国・上海に建設すると発表した。現地での需要拡大に対応、供給体制を整える。

三井化学は全額出資で現地に新会社「三井化学功能複合塑料(上海)有限公司」を11月に設立。新会社を通じて工場を建設し、14年10月の稼働を目指す。新会社の資本金や投資額などについては公表していない。

新会社は自動車の窓枠や高級車の内装材などに使う熱可塑性エラストマー「ミラストマー」と、自動車用燃料タンクや食品包材用途の接着性ポリオレフィンの「アドマー」をそれぞれ製造・販売する。ミラストマーとしては日本、ドイツに続く3カ国目、アドマーとしては、日本、ドイツ、米国、タイに続く5カ国目の生産拠点となる。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT