欧州でテロ多発を止められない根本的な理由

セキュリティ対策に穴があるだけではない

こうした地区では、警察は地域の安全を守ってくれる存在ではなく、脅威とみなされており、それがアブデスラムのようなテロリストを取り押さえるのを一段と難しくしている。警察の人種差別的プロファイリング(職務質問)や、イスラム教徒の家庭や企業に対する容赦ない強制捜査は、これらのコミュニティをさらに遠ざけることになった。

イスラム教徒コミュニティと信頼関係を築け

しかしこれらのコミュニティとの関係は、テロ対策のカギとなる。パリの事件の首謀者アブデルハミド・アバウドは、顔を合わせたいとこの友達が警察に通報したことで、パリ郊外のアパートで発見された(急襲作戦で死亡)。仏ルモンド紙によると、ブリュッセルのアブデスラムも、新しい潜伏先はないかと電話をした友達に通報され、逮捕された。

しかしアバウドのことを通報した若い女性は、そのせいで家と仕事を失い、フランス当局の支援もほとんどないという。欧州諸国にも証人保護プログラムはあるが、証人とその家族の実際の保護はわずかで、それが一般市民が警察当局に協力することを思いとどまらせている。

欧州は緊急に治安対策を強化する必要があるが、テロを挫折させるカギは莫大なイスラム教徒との信頼関係だ。テレサ・メイ英内相は23日、イスラム教徒の一般市民も、「他の誰もと同じように」テロの脅威を「懸念している」と語った。

(執筆:The Editorial Board、翻訳:藤原朝子)

© 2016 New York Times News Service

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT