ICT教育、生徒の大半が「満足」でも残る課題

調査方法には、まだまだ改善の余地アリ

タブレットを用いたICT教育。先進的に取り組んでいる佐賀県での、2年間にわたる調査でわかってきたこととは(写真:しげぱぱ / PIXTA)

佐賀県立高校のタブレット端末や電子黒板を使ったICT(情報通信技術)教育に関し、約80%の生徒が満足しているという調査結果がまとまった。

これは県教委が1学年約6千人の生徒と教諭を対象に、タブレットを導入して、2年間の意識変化を調査したもの。「指導力が向上し、高い満足度につながっている」とみている。

タブレットは2014年度、県立高の新入生全員に導入。調査は導入して1年が経過した2014年度末と、2年が経過した2015年度末に実施した。ICTを活用した授業に満足しているかという問いに、「満足」「どちらかといえば満足」と答えた新入生は1、2年目ともに80%程度を占めた。

トラブル対応力、指導スキルは向上しているが

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

タブレット導入初年の1年生が2年生に進級した後の変化をみると、「満足」が5%ほど増えたが、顕著な変化はなかった。本年度調査で教科別の満足度が最も高いのは英語の87・2%、最も低いのは数学の77・8%だった。

教諭に「学校でICTを利活用できることに満足しているか」を尋ねたところ、タブレット導入1年目は「満足」「どちらかといえば満足」が62・5%だったのに対し、2年目は74・2%と10ポイント以上伸びた。県教委は「指導スキルが向上し、機器トラブルに対処する態勢も整ったことで、ストレスが減っているのではないか」とみる。

調査結果は、外部メンバーでICT教育の在り方を議論する改善検討委員会の16日の会合で報告された。

委員からは「学年が上がっても『不満』と回答する生徒数に変化がない。困っている生徒の分析をしてほしい」「調査方法が大ざっぱ。ICTを使わない授業と比較したり、タブレットや電子黒板など機器ごとに満足度を尋ねるべき」などの指摘があった。

佐賀新聞LIVEの関連記事
ICT教育、授業計画を
佐賀県ICT教育フェスタ 効果的指導法探る
特集 ICT教育
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT