「インプレッサ」の最新進化は何がスゴいのか

スバルの新世代プラットフォームが遂に始動

このキャンペーンは、価格競争や他ブランドを叩くといった従来のアメリカにおけるコマーシャル手法とは距離を置いている。具体的には、スバルのユーザー同士が”スバル愛”を共有できる掲示板を作ったり、スバル車への愛情や信頼が伝わるコマーシャルを流したりなど。「走りへの信頼があって、実用性が高く、安全性も高い」という、従来からのスバル車のイメージとあいまって、スバルを愛するファンのコミュニティを作り上げて、カスタマー・ロイヤリティを高め、ブランド力を高めることにまでつながった。

スポーティさが際立つライン。強調されたホイールアーチがAWDを印象付けている

ようやくベールを脱いだ新型インプレッサ4ドア・セダンのエクステリア・デザインは、近年のスポーティ・サルーンの流行であるワイド&ローなスタイリングである。キャビンを絞って、リアエンドへ跳ね上がるラインを強調することで、「インプレッサ」の特徴であるスポーティさを”際立”たせる作戦だ。

また、前後のホイールアーチを強調し、スバルの真骨頂であるAWD(全輪駆動=4輪駆動)を印象付けている。一方で、ヘキサゴン・グリルとホークアイと呼ばれるフロントランプで形作られるフロント・ビューは、顔立ちはひと目で”スバル”とわかる仕上がりだ。

リアコンビネーションランプは水平側にぐっと張り出しており、よりワイドな印象を強調している。キャビンから続くショルダーラインを跳ね上げて、スポーティネスを演出。ホイールアーチを強調することでスバルのセリングポイントであるAWDを表現した。

東京ショーから約半年、いよいよ、アンベール

前夜のプレビューでは、セダンの外観のみがベールを脱いだが、3月23日にニューヨーク・モーターショーの会場で行われたプレスカンファレンスでは5ドア・ハッチバックも同時に発表された。また、インテリアについても公開された。

最大の注目は、第6世代へと進化したグローバルアーキテクチャプラットフォームを採用し、90%以上の部品を変更したFB型2L水平対向直噴エンジンを搭載した点だ。

次ページなによりも重んじたのはプロポーション
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT