負けず嫌いトライリンガルの譲れない「信念」

東京ファイトクラブにアクティブ女子登場!

東京ファイトクラブ4人目のファイターは、アクティブ女子だ
照りつける太陽に、澄み渡る青空。高層ビルに遮られることもなく、広々とした大空が広がり、暖かな風がヤシの木々の間を吹き抜ける――。いつかは10代のころから過ごした、あの自由闊達で企業家精神に溢れたカリフォルニアの地に戻りたい。9年ぶりに戻ってきた日本での新たな生活で感じる葛藤や、譲れない信念とは……。東京ファイトクラブ、今回のファイターは菊川万葉だ。

負けず嫌いのトライリンガル

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

10歳の時にアメリカのサマーキャンプに参加したのをきっかけに、太平洋の向こう側の世界に憧れを抱き続けた少女は、15歳の時に単身渡米。カリフォルニア・サンタバーバラの私立高校に進み、卒業後は名門・マイアミ大学へ進学した。英語とスペイン語を流暢に話す、トライリンガルだ。

私、ものすごく負けず嫌いです

「私、ものすごく負けず嫌いなんですよ。なんでも完璧にしようとして、疲れてしまうこともあります。仕事以外の部分で100%思い通りにならなくても、それでも大丈夫なんだって自分に言い聞かせないと」

約9年間の留学生活を終え、1年前に帰国。未だに2つの文化の違いには慣れない部分も多いのが本音だ。

次ページ彼女の職業とは?
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。