橋本マナミが「オトコの魅力」に落ちる瞬間

ポイントは「匂いと指と鼻毛」だった!

Photo:Taka Mayumi @ sept Stylist:Yoshi Miyamasu @ Signo
いまや「国民的“愛人”」(?)となった観のある女優・橋本マナミの恋愛観、性愛観は?「いつだって恋していたい」と語る橋本が、既婚者も参考になる恋のあり方の要点を示す。

 

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

普段から、恋はするようにしています。お付き合いにまで発展するには、お相手のタイミングもあってなかなか難しいんですけれど、でも、いいなって思える方は必ずつくるようにしているんです。

恋をしていさえすれば、付き合っていなくてもポジティブになれますよね。好きな人と連絡が取れただけでも、とっても嬉しいですし、ふたりで食事に行ったりしたら、それだけでもときめきます。

恋している状態を維持していてもらいたい

だから、男性にも恋している状態を維持していてもらいたいと思うんです。男性は好きになった女性を追いかける本能を持っていると思うので、その本能をなくさないでほしいと思います。なぜって、ずっと輝いていてほしいからです。

追いかけている女性から「どういう恋愛をしてきたの?」なんて聞かれたら、それは脈あり、です。相手の恋愛経験を気にするっていうのは、自分がその人と付き合ったときのことを仮定して考えている、という証拠です。「あなたと恋愛したいから、いまこういう話をしているのよ」っていうサインなんです。

次ページ恋しつづける気持ちは忘れないでいてほしい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。