司法官僚 裁判所の権力者たち 新藤宗幸著

司法官僚 裁判所の権力者たち 新藤宗幸著

司法制度改革の一環として、今年の春からスタートした裁判員制度。この制度は、司法への国民参加によって開かれた司法を実現するものだという。しかし、行政学を専門とする著者は、司法行政機構の改革はいまだなされていないと考える。

とりわけ、最高裁事務総局は、最高裁規則の制定、司法予算の作成と実行、裁判官の任用・転勤・昇任・報酬の決定などを担っており、実質的に司法行政を専有する。ここにいる人間こそ、司法行政を司るエリート職業裁判官「司法官僚」なのである。

こうしたシステムによって統制された裁判官らは、官僚的にならざるを得ない。最高裁事務総局を分析し、日本の司法の問題点をあぶり出す。

岩波新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT