市場に飽きられてきた「熊さん」たちの宴会芸

日本株を実体経済以下に下げるのは難しい

米国株が上昇する一方、18日の日経平均は円高を嫌気して続落した(AP/アフロ)

世界全体を見渡すと、1~2月に蔓延していた過度の悲観論が薄らぎつつあるようだ。

原油価格は持ち直し、WTI原油先物は1バレル40ドル前後の推移となっている。銅、亜鉛などの工業用原材料市況全般に、底入れの様相が強い。中国など新興諸国の経済「懸念」も薄らいだ感があり、シリア停戦に向けての米ロ協調に表れているように、地政学的リスクも若干後退している。

環境改善が進む中で取り残された日本市場

最も改善がみられるのが米国市場だ。米国の主要な株価指数は年初来の高値を更新しており、米長期金利も一時の低水準からジワリと持ち直している。イールドレシオ(=長期金利×PER)が底入れするにはちょうどよいタイミングだ、という点は、前回(3月6日)の当コラムで指摘した。実際、米経済に対する悲観論の剥落とともに、長期金利の持ち直しとPERの拡大が進みつつある。

こうした世界的な投資環境の好転は、これも前回述べたように、何かきっかけとなる「ものすごい」材料が出たわけではまったくない。実体経済が著しく改善したわけでもない。原油生産は相変わらず過剰だし、国際商品に対する需要が急回復したわけでもない。中国経済は引き続き減速しているし、地政学的リスクも手放しで楽観することは禁物だ。米国経済にしても、力強さに欠ける点は多々見出せる。

これは、実態(別にそれほど良いわけでもない)に比べ、過度に市場が売り込まれたため、そこから適正な水準への回帰が起こっているにすぎない。したがって、今度は過度の楽観に市場が振れれば警戒的に臨むべきだが、心配するのはまだ数カ月先になるだろう。

こうして、株式市場でいえば、世界の多くの主要国の株価が週末にかけて上昇して引けた。ところが日本株は週末にかけて不振であった。これは米ドル安・円高と日本株安の相互作用のためで、世界的な投資環境改善のなか、この点だけが懸念要因として残っている。

次ページ今の状況を宴会の大道芸で説明しよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT