IT産業は米国の生産性向上に貢献していない

シリコンバレーが米経済に貢献できない理由

生産性の伸び悩みは多くの先進国で相前後して発生していることから、一般的な現象と考えられるとシーバーソンは指摘した。また、IT産業が米国ほど発達していない国でも比較的大きな生産性の伸び悩みが見られた。もし統計には表れていないだけで、IT産業において生産性が大きく伸びているとすれば、こんな現象は起きないはずだ。

「無料だから統計に出ない」のウソ

また、アンドリーセンのような楽観的な解釈を阻む問題もある。生産性の減速の規模はIT産業の規模と比べてあまりに大きくて、ITの進歩で埋め合わせるのは不可能なのだ。

シーバーソンによれば2004年末以降、生産性の減速によって米国の国内総生産(GDP)は少なく見積もっても2兆7000億ドル減少した。これは、それ以前の生産性の成長率が維持できたと仮定した場合と比べた数字だ。

シーバーソンの推計では、この減少分すべてを相殺するには、情報・通信技術を作り、提供する産業において消費者余剰 (消費者が支払っていいと思う価格と市場価格の差)が実際の5倍に達していなければならない。ITの効果は統計に表れないだけで大きいと言うにはあまりにも大きすぎる違いではないか。

それにIT産業の大半はフェイスブックと異なり、統計に表れるような(少なくとも部分的にはGDPに反映されるような)サービスで成り立っている。たとえば、配車サービスのウーバーは、無料のアプリを介して有料の乗車サービスを提供している。

フェイスブックやグーグル、ウィキペディアといった無料サービスも、たとえ間接的にであってもGDPの数字に表れるような価値をたくさん生み出している。これらのサービスを使いたいがために、人々はスマートフォンやブロードバンド接続やiPadに喜んでカネを出す。そして、その支出はGDPに算入される。

この視点から見ると、統計に表れるかどうかはそれほど重大な問題ではない。つまりは食べ放題のレストランに行くようなものだ。たとえチキンだけなら無料だったとしても、おいしい料理がたくさん食べられると聞けば消費者は「食べ放題」パッケージに多くの金を払う気になる。皿に取った一つひとつの料理の価格とは関係なく、お買い得だと思えるのだ。

次ページ統計の示す教訓を受け入れる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT