TOEIC開始から30年、600円値下げの理由

TOEIC開始から30年、600円値下げの理由

テスト開始から30年で初の値下げ--。

TOEICを運営する財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が、公開テストの受験料改定を発表した。600円値下げして、9月以後は5700円となる。

発表資料では受験者が増えたことで「協会の安定的な運営が見込めるようになった」と説明。だが見直しのきっかけは、IIBCを所管する経済産業省が今年2月に実施した立入検査(原則3年に1度実施)だった。

2008年度の収支見通しを踏まえると、事業費や管理費のほか、事業に不可欠な費用に対する内部留保の割合が3割を超すことが検査で判明。公益法人が大幅な黒字を続けるのは不適当で、指導監督基準では内部留保比率の目安が3割程度以下とされる。要は“貯め込みすぎ”がわかったわけだ。その後、確定した08年度の当期収支差額は6・3億円だった。

経産省は3月に「受験料の引下げの可否について検討すること」と書面で通知。IIBCでは、料金改定を加味して09年度の予算を作り直し、8月の値下げ発表に至った。

ほかにも今回の検査では、決済順序や権限などを定めた事務処理規程の整備を指摘された。前回06年の検査でもIIBCは書面通知を受けているが、そこに規程整備の指示はなされていない。不備はあくまで法人の責任だが、同省の立入検査が不十分だった可能性も否めない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。