上田準二・ファミリーマート社長--3~4年後に市場は飽和、中小チェーン再編は必至


--全国のコンビニ店舗数は4万店を超え、ファミリーマートは今年度も200店ほどの純増を計画していますが、今後はどこまで出店できるのでしょうか。

5万店くらいまでいけば、日本列島のコンビニの出店地域はほぼ埋まるでしょう。だからわが社は、それまでの3~4年は毎年きっちり500~600店を出していきたい。同時に、老朽化したり後継者のいない店舗など300~350店はスクラップする。だから、純増200~300店を計画しています。この間、再編が起こる可能性もあるでしょう。

今後コンビニには、生活インフラとしてのサービスビジネスがますます付加されると思います。北から南までのネットワークは大手コンビニならではの財産。この財産をどう活用していくか、ということです。

今も家事代行サービスの受け付けや図書館の本の取り次ぎをやっていますが、これからは介護サービスというのもあるでしょう。自治体の窓口業務の代行ももうすぐできるところまで来ている。それから、留守宅の安全確認などセキュリティの分野でもサービス提供できるでしょう。

ただし、これらのサービスをすべてレジカウンターでこなせるわけはありません。すると、「Famiポート」のような高速大容量のマルチメディア端末が必要になる。これには350億円投資していますが、こうした投資が中小チェーンにできるかというと厳しい。そういった点でも、中小チェーンの再編は避けられないと思いますよ。

うえだ・じゅんじ
1946年生まれ。山形大学文理学部卒。70年伊藤忠商事入社。97年プリマハム取締役。99年CVS事業部長を経て2002年3月よりファミリーマート社長。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。