談合訴訟、アップルの上告を米最高裁が却下

電子書籍価格談合訴訟で4.5億ドル支払いへ

 3月7日、米アップルが出版5社と共謀して電子書籍価格をつり上げたと認定した控訴裁の判断を不服として上訴していた裁判で、米最高裁は同日、アップルの上告を却下した。同社は4億5000万ドルを支払うことになる。写真はサンフランシスコで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Robert Galbraith)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が出版5社と共謀して電子書籍価格をつり上げたと認定した控訴裁の判断を不服として上訴していた裁判で、米最高裁は7日、アップルの上告を却下した。同社は4億5000万ドルを支払うことになる。

アップルは昨年6月の控訴裁判断について、最高裁判例と矛盾しているほか、「イノベーションとリスクテイキングを冷やす」ことになると訴えていた。

米司法省によると、談合で一部の電子書籍価格は、市場リーダーのアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が従来設定していた価格9.99ドルから12.99ドルもしくは14.99ドルにつり上げられた。

同省反トラスト部門責任者のビル・ベーア氏は「出版社と故意に共謀して電子書籍価格をつり上げたアップルの責任はこれで完全に決着した」と述べた。

アップルからは今のところコメントを得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT