談合訴訟、アップルの上告を米最高裁が却下

電子書籍価格談合訴訟で4.5億ドル支払いへ

 3月7日、米アップルが出版5社と共謀して電子書籍価格をつり上げたと認定した控訴裁の判断を不服として上訴していた裁判で、米最高裁は同日、アップルの上告を却下した。同社は4億5000万ドルを支払うことになる。写真はサンフランシスコで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Robert Galbraith)

[ワシントン 7日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が出版5社と共謀して電子書籍価格をつり上げたと認定した控訴裁の判断を不服として上訴していた裁判で、米最高裁は7日、アップルの上告を却下した。同社は4億5000万ドルを支払うことになる。

アップルは昨年6月の控訴裁判断について、最高裁判例と矛盾しているほか、「イノベーションとリスクテイキングを冷やす」ことになると訴えていた。

米司法省によると、談合で一部の電子書籍価格は、市場リーダーのアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が従来設定していた価格9.99ドルから12.99ドルもしくは14.99ドルにつり上げられた。

同省反トラスト部門責任者のビル・ベーア氏は「出版社と故意に共謀して電子書籍価格をつり上げたアップルの責任はこれで完全に決着した」と述べた。

アップルからは今のところコメントを得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT