イラン暴動から見えた民主主義の弱さと強さ--イアン・ブルマ 米バード大学教授/ジャーナリスト

今回の選挙で、ムサビは多くのイラン人から勝ち目がない候補とみられていた。最高指導者ハメネイ師もそう思っており、アフマディネジャドが大統領として再選されると確信していた。これは、民主主義を切望するすべてのイラン人にとって不愉快な一撃であった。

しかし、ムサビの選挙運動とその後の展開は、「両候補の間には、スタイルとプレゼンテーション以外に違いはない」と主張する人々が誤っていたことを明らかにした。選挙後の“静かな威厳に満ちた抗議活動”は、ポピュリスト大統領の“好戦的な姿勢”よりも、世界におけるイランの立場を雄弁に物語っていた。

さらに、選挙後の抗議に対する暴力的な取り締まりは、体制内の亀裂を露呈させ、それを拡大させた。これこそが、先行きが見えない状況においても選挙を行うべき理由である。選挙は、独裁者の権力の壁の裂け目を暴露する。事実、アフマディネジャドは選挙に勝利したが、その体制は弱体化したのである。

ネオコンのように、「改革派でも強硬派でもイランは敵にすぎない」と信じ、強硬派の勝利を喜ぶことは単に冷笑的なだけではない。それは、すでに屈辱を味わっている人々に、さらに侮辱を与える行為である。

Ian Buruma
1951年オランダ生まれ。70~75年にライデン大学で中国文学を、75~77年に日本大学芸術学部で日本映画を学ぶ。2003年より米バード大学教授。著書は『反西洋思想』(新潮新書)、『近代日本の誕生』(クロノス選書)など多数。

(photo: http://www.president.ir/)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT