共働き世代も重宝する、自動お掃除ロボ「ルンバ」


 スイッチひとつでお掃除いらず--。そんな夢をかなえてくれる自動お掃除ロボット「ルンバ」の売れ行きが好調だ。日本での販売代理店であるセールス・オンデマンド社によると、2008年度の販売台数は前年比4割増の3万3000台。今年度も4割増のペースで売れているという。1台6万~9万円と決して安くはないが、主要購入層は富裕層よりも「30~40代のサラリーマンやOLが中心」(都内の家電量販店)。中でも共働き世帯が、おカネで時間を買う目的で購入しているようだ。

1年前から利用する都内在住の30代夫婦は「おかげで掃除機がけから解放された。はだしで歩いて気持ちいいのがうれしい」と話す。ただロボットが入れない家具の下などは、手でふき掃除を行う必要があるという。

ルンバは02年の発売以来、全世界で累計300万台の販売実績を持つ。販売元の米アイロボット社は、米国防総省向けの爆弾除去ロボットなどの開発で知られる。01年の同時多発テロでは、瓦礫の下敷きになった人たちの探索でも同社のロボットが活躍した。その人工知能技術を応用して開発されたのがルンバだ。

“お掃除ロボ”には廉価の類似品も出ている。競争激化で手頃な価格帯に近づけば、本格的な普及期に突入しそうだ。

(桑原幸作 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。