本土決戦幻想 オリンピック作戦編 保阪正康著

本土決戦幻想 オリンピック作戦編 保阪正康著

歴史に「イフ」はないという。しかし本書で述べられるイフは重要である。もし天皇聖断が下されず玉音放送がなされなかったら……。米軍は鹿児島の三つの海岸から上陸し、足場を築き次第、関東上陸へ進んだことは確実だった。しかも第3、第4の原爆が投下されたはずだ。多くの国民が命を失い、ソ連の進撃により北日本の北朝鮮化も避けられなかったとすると、歴史にイフはないで済ますわけにはいかないだろう。

米軍は南九州制圧をオリンピック作戦と呼んだ。日本軍は乏しい戦力のため真正面からは戦えず、特攻機、人間魚雷、竹槍作戦などに頼るほかなかった。昭和史を徹底的に追究している著者は、オリンピック作戦の内容と、志布志湾や吹上浜、特攻基地跡、松代の幻の大本営を丹念に取材して回ることで、軍人たちが奉じた本土決戦の狂気と虚妄、結果としての大惨事を検証、予測している。戦争の史実を正確に知ることの意味深さを痛感させられる。(純)

毎日新聞社 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。