イラク首都、2件の自爆テロで70人が死亡

「イスラム国」が犯行声明

2月28日、イラクの首都バグダッドで2件の自爆が起き70人が死亡、100人以上が負傷した(2016年 ロイター/WISSM AL-OKILI)

[バグダッド 28日 ロイター] - イラクの首都バグダッドで28日、2件の自爆が起き70人が死亡、100人以上が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を認める声明を発表した。

現場は、イスラム教シーア派の住民が多く暮らすサドル地区で、警察関係者によると、オートバイに乗った人物が身につけていた爆発物を爆破させた。

ISは、爆破攻撃を認める声明をインターネット上で公開。シーア派への攻撃を継続する方針を示した。

イラク軍は、米国主導の有志連合軍の空爆の支援を受け、西部アンバール州の拠点を奪還。モスルの奪還を目指している。

アバディ首相は、自身の公式フェイスブックページで、今回の自爆攻撃はISの最近の敗北を受けた報復との見方を示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT