「ロック解除問題は先例にならない」FBI長官

アップルの主張に対して反論

2月25日、米FBIのコミー長官は、銃乱射事件の犯人が所持していた携帯電話のロック解除を求める裁判所命令が米アップルに対し出ている件について、類似の事件への先例にはならないとの認識を示した。写真sは同日、下院で証言するコミー長官(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は25日、銃乱射事件の犯人が所持していた携帯電話のロック解除を求める裁判所命令が米アップル<AAPL.O>に対し出ている件について、類似の事件への先例にはならないとの認識を示した。

コミー長官は下院委員会の公聴会で、携帯電話のソフトウェアはその性質からして複雑であるため、今回のケースが適用できる範囲は限定されると指摘。

ただ、法執行機関による暗号化データへのアクセスをめぐる大きな枠組みについては、議会などで解決していく必要があるとの考えを示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT