韓国で進む中国人観光客の高級ブランド離れ

「他の国で買った方が安い」

「これは必ずしも高級ブランドが安価な商品を発売しなければならないことを意味するわけではない。だが、あらゆる価格設定が妥当でなければならないことは確かだろう」と、HSBC(香港)のアナリスト、エルワン・ランブール氏は指摘する。

韓国を訪れる中国人観光客の数は昨年、致死率の高い中東呼吸器症候群(MERS)流行のせいで2.3%減少し、約600万人だった。しかしCLSAは、昨年9月からは再び増加しており、今年は前年比28%増加するとみている。韓国政府も今年の中国人観光客数が史上最高の800万人に上ると予想している。

新世代が好きなものは?

政府系シンクタンク、韓国文化観光研究院によると、中国からの韓国訪問者は若い世代が増えている。20─30代の占める割合は2013年の40.9%から、昨年は46.1%にまで増加した。

年配の世代が通常、団体旅行で彼らに合った店に次々と連れて行ってもらうのに対し、2000年以降に成人、あるいは社会人になる中国の「ミレニアル世代」は自分の欲しいものに関して情報通で、個人で旅行し、上の世代と比べてショッピングにお金を使わない。

「韓国で何を買うかを調べるのに携帯を使っている。中国の女子の多くは韓国製品が好き。ほとんどの製品が安くてかわいいから」と、20歳の女性は話す。

ロッテ・ショッピング<023530.KS>が経営するロッテ百貨店の担当者によると、中国人観光客の急増がその差を埋めてはいるものの、1人当たりの平均的な消費額は、2013年の90万ウォン(約8万7000円)から、昨年は50万ウォンに減少したという。

「これまでの世代はやみくもに高級品を買っていたのに比べ、若い世代はもっと価格に敏感な消費傾向にある」と、KBインベストメント&セキュリティーズのアナリスト、Yang Ji-hye氏は指摘した。

(Minwoo Park記者、Joyce Lee記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT