乱立するお気軽ネット副業、ホントに儲かるのは何? 無在庫販売で月商1600万円の例も


 手軽に収入を増やせないだろうか--。そんな甘い希望に応えてくれる手っ取り早い方法が、インターネットを用いた副業だ。

検索エンジンで「インターネット」「副業」と入力すると、100万件を超える検索結果にヒットする。「月収45万円プログラム」「ネット副業錬金術」……魅力的なキーワードが並んでおり、さまざまな副収入術があふれている。

中でも、多いのが「FX極秘投資術」「アメックスのブラックカードを取得する方法」など、裏テクニックのようなものを高値で売り込もうというインフォプレナー(情報商材販売者)のサイトだ。しかし、情報商材で1億円ほど稼いだというある元インフォプレナーは「ほとんどが悪徳業者。よくてもグレーな業者。詐欺の巣窟と疑ってかかったほうがいいだろう」と忠告する。

一獲千金のような、うまい話はない。しかし、地道な方法で稼ぐ道はある。

パソコンか携帯電話があれば初心者でもすぐに始められるのが、「ポイント取得」。さらに、身の回りの不用品を捨てずにリサイクルする「オークション」などは、時間の余裕さえあれば、誰にでもできる副業だ。ブログで商品を紹介して手数料収入を稼ぐ「アフィリエイト」もネット副業の定番。コンスタントに小遣いを稼いでいる人は多い。応用編としては、オークションを活用した「せどり」、在庫を持たずに代理店販売を行う「ドロップシッピング」などがある。

これらテーマごとに、最新事情と注意点を見ていこう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。