知的思考力の本質 鈴木光司・竹内薫著

知的思考力の本質 鈴木光司・竹内薫著

知的思考力の本質とは何だろうか。人気ホラー作家とサイエンスライターの2人の著者が「物事の本質を突き詰め、解決を導く」。そして「考えること」をさまざまな角度から分析する。

考える力は「常識を疑い固定観念の壁を崩す」「仮説・検証・立証の論理的段取りを行う」という、思考の枠組みを持つ哲学と物理学に支えられる。これらの学問は西欧社会の知的土壌の中で、宇宙や物事の本質を見極めようとして発展してきた。日本にはその伝統がなく、教育が「ダイナミックな思考力を阻害する方向に動いてきた」。

新しい思考に踏み出すには、体の崩壊感覚や挫折などの「知的崩壊」が契機となると著者は考えている。

ソフトバンク新書 767円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。