シャープ再建策、革新機構とホンハイが拮抗

問われる説明責任

 1月27日、シャープの再建をめぐり、スポンサーに名乗りを上げている政府系ファンドの産業革新機構が有利とみられてきたが、ここにきて台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の案も無視できないとの見方が浮上してきた。写真は都内で昨年11月撮影(2016年 ロイター/Reiji Murai)

[東京 27日 ロイター] - シャープ<6753.T>の再建をめぐり、スポンサーに名乗りを上げている政府系ファンドの産業革新機構が有利とみられてきたが、ここにきて台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の案も無視できないとの見方が浮上してきた。ホンハイもシャープの資産査定を進めながら、急ピッチで再建策の取りまとめに入っているためだ。

革新機構は、水面下で主力取引銀行と最終調整を進め、経済産業省の強い後押しを受けて有力とされてきた。しかし、銀行団の中には「ホンハイ案も検討に値する」という見解も出てきており、事態は流動的な色彩も帯びてきた。シャープや銀行は、株主と債権者に説明責任を果たしながら、どちらが再建に有効な案かを決める重い責任を負うことになる。

経産省の説得に入ったテリー・ゴウ会長

今月26日に経済産業省に姿を現したのは、ホンハイの郭台銘(テリー・ゴウ)会長だった。ホンハイがまとめたシャープ再建策を同省高官に説明するためだったと複数の関係者は明かす。

経産省に対してテリー・ゴウ会長は、シャープに対する6000億円超の出資や、従業員の雇用確保などを盛り込んだ再建案を提示し、理解を求めたとみられる。

次ページホンハイはすでに秘密保持契約を締結
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT