ストレス耐性のカギは「体との対話力」にある

体の変化に敏感な人はストレスに強い

そこでハースたちはまず、アドベンチャーレース(自然の中に設定された難コースをチームで競争するスポーツ)の選手と、軍でも精鋭の証である特殊部隊の兵士たちを対象に実験を行った。

極端な肉体的・感情的要求に直面しても、すぐに正常な状態に立ち直る能力を、彼らはどのやって身につけるのか。それを知るために、ハースらは被験者たちにフェースマスクを着けて、脳検査装置に横になってもらった。研究者がボタンを押すと、マスクが閉じて呼吸がしにくくなる。つまり脳と体の両方にとって、非常にストレスの大きな状況が生まれる。

実験開始後すぐに、被験者の脳の活動に共通するパターンが見つかった。マスクが閉じることを感じ取ると、彼らの脳内では、体からのシグナル(心拍数や呼吸の変化など)を受け取り処理する領域の活動が非常に活発になった。しかしその領域が、体の興奮を高める領域に向けて発する信号は、かなりわずかだった。

つまり極端な状況に対処する訓練を受けている人たちの脳は、体がパニック状態に陥り始めるのを見つめているが、それに対する反応を抑制していた。だからストレスを経験しても、過剰反応せず、身体的にも精神的にも立ち直りが早かった。

もちろん彼らは例外的な存在だ。たいていの人は、トップクラスの運動選手や兵士のような訓練を受けていない。そこでハースらは、48人の健康な成人男女を対象にした実験も行った。

体の変化をすばやく見つける

まず、被験者の感情的・身体的レジリエンスを測定する標準的なアンケートを実施。その結果に基づき、被験者をレジリエンスが高い人、平均的な人、低い人の3つのグループに分けた。次に、最初の実験で使ったのと同じタイプのマスクを48人に着けてもらい、一時的に呼吸ができなくなる瞬間を断続的に経験してもらった。

アンケート調査の結果、非常にレジリエンスが高いと判定された人の脳は、特殊部隊の兵士たちと似たような反応を見せた。中程度のレジリエンスと判定された人たちの脳も、程度は低いが、同じような反応を示した。

次ページ研究チームの結論は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT