スズキ社長、「泣くのが仕事のような段階だ」

"俊宏"節は、実父の修会長とは一味違う

国内の軽自動車市場は苦戦が続く。2015年4月の軽自動車税増税や、2014年にスズキとダイハツ工業のシェア争いが過熱化したことによる乱売合戦の影響が尾を引いている。

とりわけスズキの落ち込みは深刻だ。2015年4~12月に軽市場全体は18%減だったのに対し、スズキの販売台数は23%減少した。

だが、この日は小型車(軽ではない登録車の区分)の発表会でもあったためか、軽に関しての言及は少なく「営業や商品作りをもう一回しっかりやってく」と話すにとどまった。

「軽」以外の強化に本腰

スズキにとって、国内4輪販売の約90%を占める軽の重要性は言うまでもない。が、税制など軽優遇策への風当たりが強い中、中長期でのスズキの課題、つまり俊宏社長のミッションは明らかに国内における軽以外の強化だ。

SUV(スポーツ多目的車)テイストの小型乗用車「イグニス」(撮影:今井康一)

2015年6月末の社長就任と同時に発表した5カ年の中期経営計画では、現状年間8万台前後の国内小型車販売を、2019年度までに10万台以上に引き上げる目標を掲げた。その方針通り、2015年にモデルチェンジした小型ミニバン「ソリオ」、今回のイグニスと小型車のラインナップを着々と強化している。

もっとも、「10万台はクリアしないといけないが、早急に進めるつもりは僕自身ない」と焦って台数を追うことには否定的だ。商品を強化するだけでは10万台を達成できたとしても定着しない。軽中心に売ってきた販売店の増強など基盤固めを地道に行う。「スズキブランドを確立するためにやることをやって10万台達成したい」。

会見では、「スズキの大黒柱」となったインド市場、低迷しているASEAN市場や赤字の2輪事業についても言及があったが、これまでの戦略の延長線上を越えるものはなかった。

次ページ俊宏社長のキャラが見えてきた?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT