シリコンバレーでリッチになるには

拡大
縮小


 ハイテクの先端地シリコンバレー。当地もご多分に漏れず厳しい不況で、レイオフの嵐が吹き荒んでいる。とはいえ、世界中があこがれるアメリカンドリームのメッカだけあって、リッチな人々は依然としてリッチである。シリコンバレーでリッチになるにはいったいどうしたらいいのだろうか。
 
 シリコンバレーでリッチになった人々のその要因を大きく分類すると、およそ以下の10つのカテゴリーに分けられる。
 
1)弁護士など、高給の専門職に就く
2)起業して株式公開、あるいは大手企業に売却し、売却益を得る
3)成功する可能性の高いベンチャー企業に、設立間もなく社員として参画し、ストックオプションを得て株が高いときに売る
4)エンジェル、ベンチャー・キャピタリストとして投資し、儲ける
5)株式投資で当てる
6)不動産投資する
7)発明し、特許を取り、その知的財産を売る
8)本を書いて、ベストセラーとなる
9)親の遺産を有効活用する
10)スーパーリッチと結婚する

 身もふたもない要因もあるが、その中で(2)の、起業して株式公開、会社売却で成功したリッチの例を見てみよう。

シリコンバレーのサンノゼ市で起業し株式公開を果たしたテックウェルの代表取締役の小里文宏氏。リコー出身の小里氏はテックウェル設立前にも、CD-ROM技術向け半導体ベンチャー企業、シグマックス社を35歳の時に立ち上げた。シグマックス社は創業約2年後に米企業アダプテックに売却した。

その後、小里氏は97年にテックウェル社を設立、99年に監視用カメラ向けの半導体チップを初出荷、2001年は220万ドルの売り上げを計上した。そこから順調に業績を拡大し、06年にはナスダックに上場を果たした。08年度の売上げは6760万ドルと堅調だ。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT