シリコンバレーでリッチになるには


 ハイテクの先端地シリコンバレー。当地もご多分に漏れず厳しい不況で、レイオフの嵐が吹き荒んでいる。とはいえ、世界中があこがれるアメリカンドリームのメッカだけあって、リッチな人々は依然としてリッチである。シリコンバレーでリッチになるにはいったいどうしたらいいのだろうか。
 
 シリコンバレーでリッチになった人々のその要因を大きく分類すると、およそ以下の10つのカテゴリーに分けられる。
 
1)弁護士など、高給の専門職に就く
2)起業して株式公開、あるいは大手企業に売却し、売却益を得る
3)成功する可能性の高いベンチャー企業に、設立間もなく社員として参画し、ストックオプションを得て株が高いときに売る
4)エンジェル、ベンチャー・キャピタリストとして投資し、儲ける
5)株式投資で当てる
6)不動産投資する
7)発明し、特許を取り、その知的財産を売る
8)本を書いて、ベストセラーとなる
9)親の遺産を有効活用する
10)スーパーリッチと結婚する

 身もふたもない要因もあるが、その中で(2)の、起業して株式公開、会社売却で成功したリッチの例を見てみよう。

シリコンバレーのサンノゼ市で起業し株式公開を果たしたテックウェルの代表取締役の小里文宏氏。リコー出身の小里氏はテックウェル設立前にも、CD-ROM技術向け半導体ベンチャー企業、シグマックス社を35歳の時に立ち上げた。シグマックス社は創業約2年後に米企業アダプテックに売却した。

その後、小里氏は97年にテックウェル社を設立、99年に監視用カメラ向けの半導体チップを初出荷、2001年は220万ドルの売り上げを計上した。そこから順調に業績を拡大し、06年にはナスダックに上場を果たした。08年度の売上げは6760万ドルと堅調だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。