関口 梓(せきぐち あずさ) Azusa Sekiguchi
ライフコーチ

1980年生まれ。福岡県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大手国産自動車メーカーに勤務後の2008年、夫の海外駐在を機に退職してニューヨークへ渡る。子どものいない専業主婦という人生のプランになかった状況に葛藤する中、ライフコーチングに出会い、肩の力を抜いていまを生きることの大切さを知る。
2011年より、米国のベストセラー作家のアラン・コーエン氏に師事。以来、周りから見ればうまくいっているのに人生にどこか違和感を持つ女性を中心に、人生の突破口を見つけるコーチングを提供。2016年より再びニューヨークに在住。悩める女性たちに寄り添い、リラックスして自分らしく輝くための「エフォートレスな生き方」をテーマに発信をつづける。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。